不正アクセスなどで、個人情報が漏洩し、特に、海外発アダルトサイトにクレジットカードを、使用するのは、危険と思っている方に、”朗報”・・・ジャパンネット銀行のワンタイムデビット(VISA)は使い捨てのカードなので悪用されにくく海外での、ショッピングには、大いに役立つようです。全てのサイトに使用可能か不明ですが、試してみる価値は、あると思います。
ネット専用Vプリカ
アダルトOK!審査もなし
Visaマークがあるオンライン加盟店であれば世界中どこででもクレジットカード同様に利用でき日本国内在住の18歳以上の方であれば、無審査で申し込みができる便利モノ。また、ネット上でのバーチャル発行のため、実際のプラスチックカードは発行されず会員専用ページ(Myページ)上で確認。購入は、クレカやコンビニ、銀行振込(ペイジー)でOK。

「有料アダルトサイトを訪問するのはウィルスやスパイウェア、スパムメールやワンクリ詐欺などが心配…」
と考えている人が多いようです。多くの声が寄せられています。

しかし

実際は無料で低画質な作品を多く配信している動画サイトの方がよっぽど危険なんです。

無料動画サイトの危険性

いったい何故なのでしょうか?

インターネットプロバイダーをはじめ、無料でホームページスペースを提供している会社で、アダルト関係のサイトの利用を許可している所が一部を除きほとんどないのが実情です。
無料動画サイトとは言っても慈善事業でやっているわけではないですから、サイトを続けていくために広告を載せて収益を上げて行く事になるわけですが、その広告に問題があるのです。
もちろん、きちんとしたな広告もありますが、問題なのはクリックしてみるとワンクリック詐欺だった…、リンク先でスパイウェアを仕込まれた…、やたらとスパムメールが届くようになった…などと言った広告です。

当サイトで紹介している有料サイトは全て安心してご利用できるサイトとなっておりますのでご安心ください。

有料がなぜ安心なのか

一つが「有料である」と言う点。
会員が入会すればするだけ利益を生むわけですから、瞬く間に口コミが広がっていくこの情報化社会では、詐欺などサイトの名前に傷がつくような行為はむしろマイナスにしかならないからです。

もう一つが「サイトと決済会社が別である」と言う点。
ユーザーの会員料金はサイトではなく、クレジット決済会社が代行して徴収し、サイトへ売り上げを納めると言うシステムが取られています。
クレジット決済会社と言うとなじみがないかもしれませんが、インターネット通販で買い物中、ZERO、イプシロン、ZEUSと言った会社のサイトでクレジットカード情報を入力したことがあると思いますが、それがクレジット決済会社です。これらは日本国内のクレジット決済会社ですが、あくまでもクレジット決済を代行する会社であって、インターネット通販サイトを開いている会社ではありません。
アダルトサイトと聞くとクレジットカード情報などを悪用されないか心配する方もいると思いますが、実際に決済をおこなっているのは、サイト運営者ではなくこういった決済会社なんです。

さらに、決済会社は単純に決済の代行を請け負っているわけではありません。決済会社の、時によっては1か月以上にも及ぶ厳しい審査に合格しなければ代行をお願いすることはできません。
当たり前ですよね、何か問題があったら自分たちの会社まで巻き添えを食ってしまうわけですから…。

世界中で信頼が高いカード決済会社が代行

このシステムは海外発有料動画サイトも同じです。CCBill、Verotel、DTI(D2Pass)、The Media Planetsなどの決済会社がユーザーから会費を徴収し、手数料を抜いた額をサイト側へ入金するもので、当サイトで紹介している動画サイトは全てこの

システムによって運営されております。

つまり、サイトとしてはユーザーを騙して利益を生もうとしても、間にクレジット決済会社がいるので、上手くいくわけがありませんし、クレジット決済会社は詐欺を行おうものなら自分の会社の信用に傷がつき、他の取引先との関係も反故になりますし、なによりサイトに会員が入会すれば、自社は仲介をするだけで利益を生むわけですから、リスクを負ってまで詐欺などで利益を生む必要性がないのです。

当然、ユーザーのクレジットカード情報や住所などの個人情報などが、決済会社からサイト側へ漏れる事もありませんし、会費の二重徴収などのトラブルは全て決済会社と直で行えるので安心です。もちろん、カード情報などもNorton SECURED(旧Verisign)やGEOTRUST、COMODOなどの情報暗号化技術で保護されていますので安心して入力する事が出来ます。

なぜなら、送信情報を暗号化することによりインターネット上で情報が盗み見られることを防ぐ、この情報暗号化技術の安全性が危ういのであれば、アダルトサイトの入会に限らずクレジットカードを利用した商品の販売システムそのものが崩壊することになるからです。公共料金の支払にもクレジットカードが利用される時代ですから、安全性は極めて高いといえます。

もしあなたがアダルト動画を安全に楽しみたいのなら、世間一般に認識されている会員数が多いサイトを利用するのが一番です。

海外発のサイトであっても、ほとんどの動画サイト(と提携している決済会社)が入会ページを日本語で作っていますし、英語のみのページであっても、入力する必要があるのは名前や住所、クレジットカード番号と言った、日本国内のインターネット通販で購入する時と何ら変わりません。ただし、その際は入力も英語になりますので、住所などを記入する時には順番に気を使わなくてはいけません。

日本では〒・都道府県・市区町村・町名・地番・建物名・部屋番号の順で記入しますが、英語の場合は建物名・部屋番号・地番・町名・市区町村・都道府県・〒・国名の順になります。Zipと表記されている場合、そちらが郵便番号です。
例えば1060081東京都港区区六本木1丁目2番3号あおぞら荘103号室であるならば

クレジット情報英語入力

Aozora-so 103, 1-2-3, Roppongi, Minato-ku, Tokyo,1060081,Japan
となります。(画像はCCBill社の場合:通常画面の大きさです)

入会方法が日本のサイトでクレジットカードを使ってのインターネットショッピングと何ら変わらないシンプルさなら、メールアドレスと会員IDを入力して送信するだけなど、退会方法もいたってシンプル。決済会社によって微妙に違いはございますが、各サイトに入退会の方法が詳しく案内されています。

ただし、注意をしなくてはいけない事もあります。
サイトによっては自動継続課金であったり、単月契約であったり、1カ月契約が自動継続で複数月契約が継続なしだったりしますので、「1か月だけ」などと言う場合は早めに退会手続きを行うようにしましょう。(退会手続きを行っても期間満了までは会員資格を失う事はありません)

入会手続き終了後に送られてくる、会員IDやパスワードが記載された確認メールが届きますが、こちらも決済会社によってマチマチですが、英語で書かれていてもIDとパスワードに関してはわかりやすく目立つように記載されているので、ためらうことなくサイトにログインできると思います。

ストレスなしで楽しめるサイト構築をめざし

有料動画サイトへの入会は、決して不安になることではない事がお分かり頂けたと思います。扱っている動画のジャンル、料金システムなどを事前に比較・検証し、自分に合っているか?そのクオリティーは値段にあっているか?などを確かめてから入会することが大切です。

先にも述べたとおり、今や海外発アダルト動画サイトは国内のセキュリティに引けを取らない厳しい審査のなか運営されています。ある意味、現在、国内にあるカード決済の販売サイトよりも審査の基準が重く、コンテンツのクオリティと共に充実していなければ、サイト運営ができない厳しい状況でもあるのです。入退会の不満は直接決済会社に問い合わせをすれば、24時間以内に必ず返事がもらえるシステムになっていますので、安心してご利用できるのではないでしょうか



有料がなぜ安心なのか

皆さん、動画サイトを巡回していると「ビットレート」「kbps」といった表現をよく見かけると思います。
簡単に言ってしまうとこの「kbps」と言うのが「ビットレート」です。

「kbps」をカタカナで書くとキロビットパーセコンド。違う表記で書くとkb/s。
つまり1秒間のデータ量(ビット数)を表す表現、音楽や動画データを圧縮するとき1秒あたりどのくらいのデータ量にするかといった表現なんですね。

「bps」と言うのは動画以外でも使われます。
代表例を挙げるとインターネットの回線速度で、100Mbps、50Mbpsと言う表現を見ますよね。
数字が高ければ高いほど1秒間に取得できるデータ量が大きくなります。

映像ではどうなるのか?

一般に、ビットレートを大きくすると画質・音質は向上するがファイルサイズが大きくなり、ビットレートを小さくするとファイルサイズは小さくなるが画質・音質が落ちます。

目の前にあるカレーライスにスパイスを追加すれば、より辛くなりますよね?
カレーライスが動画、スパイスがデータ量、辛さが画質と考えてください。
同じ動画でもデータ量が増せば画質が高くなるのがお分かり頂けると思います。

ビットレートが高くなると画質がきれいになるのはお分かり頂けたと思いますが、それ以外にどんな影響があるのか?

単純に言うとファイルサイズが大きくなります。
例えば1kbpsとは1秒間で1000ビット 使用するということです。
ちなみに、8ビットで1バイトになります。
バイトですとパソコンのメモリーやハードディスクの容量で使われている単語であるのは、耳や目にしたことはあると思います。

動画はwmvやrmと言った拡張子を持つファイルです。
1秒間で1000ビットだった動画を1秒間2000ビットに変えれば、ファイルサイズも倍になります。
ファイルサイズが倍になれば、1秒間に取得できるファイルサイズは一緒なので、動画のダウンロード時間も倍になります。

ちなみにwmvファイルで一般的にキレイだと言われはじめるビットレートは
解像度720x480サイズの動画で2000kbps(2Mbps)、1440x1080で6000kbps(6Mbps)ではないかと思います。

※保護者の方へ 当サイトは18歳未満の青少年に不適切なアダルトコンテンツ及び情報を、配信しております。 ご家庭用PC等を18歳未満の方と共有するような場合には、フィルタリングソフトの利用をお勧め致します。

Page Top